産後ダイエット、骨盤矯正…ここに気をつけて!(2)【骨盤の歪みを正して産後ダイエット!骨盤矯正で産後ダイエット】

産後はとかく、疲れのたまりやすいときです。
とくに、産後数ヶ月の間は、夜中の授乳やおむつ替えなどもあり、ママのストレスもピークに達するとき。
産後ブルーと呼ばれる状態に陥るママも珍しくありません。
日々いらいらを抱えていたのでは、産後ダイエット骨盤矯正どころではありませんよね。

子育てがつらい、疲れたと感じたら、頑張りすぎずに助けを求めましょう。
パパやその実家、自分の実家など、産後何かで困ったときに頼れる先のあてを、出産前から探っておくのもひとつの方法です。
ときには母乳にこだわらず、夜の授乳はミルクにしてパパに任せ、つらければしっかり睡眠を取ってもいいのです。
そのためには、妊娠中から、産後の母体の心身の変化について、ママの周囲の家族にも理解を得ておく必要があるでしょう。
食事はしっかりと食べ、とくにカルシウムを充分摂るようにするなど、心身の安定に効果のある方法を試してみることです。

そして、少し身体に余裕のあるときに取り組む産後ダイエットや、骨盤矯正のためのストレッチ、エクササイズや有酸素運動……と、身体をこまめに動かすことは、意外に気分をすっきりさせる効果があります。
こうして産後ダイエットに成功することで得られる充実感、達成感はきっと大きいことでしょう。

骨盤の歪みを正し、産後ダイエットを成功させて、いつまでも輝くママを目指しましょう。
キレイをキープすることで、小さなイライラやストレスを積み重ねずにいられるのです。

産後ダイエット、骨盤矯正…ここに気をつけて!(1)【骨盤の歪みを正して産後ダイエット!骨盤矯正で産後ダイエット】

産後ダイエット、そして骨盤矯正の鉄則は、「産後すぐには無理をしない」ということ。出産は、女性の身体にとっては大仕事です。骨盤の歪みが気になったり、なかなか引っ込まないお腹を見てダイエットを焦る気持ちになっても、産後間もない時期に無理は禁物です。まずは赤ちゃんの健やかな育ち、そして母体の回復を待ってから、産後ダイエット骨盤矯正に取り組んだとしても遅くはありません。

産後ダイエット骨盤矯正を始めるタイミングは、産後の検診で「普段どおりの生活をしてもいいですよ」と医師からゴーサインをもらったときから、と考えましょう。
個人差はありますが、産後1〜3ヶ月くらいから産後ダイエット骨盤矯正のための整体、エクササイズ、ストレッチを行い、産後6ヶ月ごろまでには出産前の体型に戻すことを目指します。
ただし、産後ダイエットも、骨盤矯正のためのプログラムも、あくまで自分自身の身体と相談してからのことです。くれぐれも、無理や焦りのないように、じっくりと取り組んでください。

かといって、いつまでも「産後の肥立ち」などといって、病人のように過ごしていたのでは、逆に不健康的です。
身体が回復したらただちに骨盤矯正に取り掛かり、産後ダイエットを心がけましょう。
育児疲れからくるストレスやイライラが、ちょっと身体を動かして気分転換をしたらすっと楽になった、という例も多くあるようです。
いつまでもキレイで、元気なママでいるために、産後ダイエット骨盤矯正に努めましょう。

産後ダイエット!丈夫な骨盤作りのための食事【骨盤の歪みを正して産後ダイエット!骨盤矯正で産後ダイエット】

産後ダイエットを成功させるためには骨盤矯正が欠かせませんが、
骨盤の形をきちんと整えるためには、ストレッチやエクササイズ、正しい姿勢を維持することであちこちの筋肉をきちんと鍛えていくことが近道です。

さて、ダイエットといえば食事制限と考えてはいないでしょうか。

赤ちゃんを育てること自体、かなりの重労働。母乳で赤ちゃんを育てているママなら、普通に食事をしていても、1日600〜800Kcalを授乳だけで消費するといわれています。
その上、ストレッチやエクササイズで身体を動かし、骨盤の歪みを正そうというのですから、しっかり食事を摂らなければ健康的な産後ダイエットとはいえません。
産後ダイエット中の食事は、カロリーなどを細かく気にするよりも、多くの種類の食品を適度に摂ること、極端な過食や食事制限を避けて一日三食を守ることが基本です。
洋食より和食、濃い味より薄味、間食はできるだけ控えましょう。

開いた骨盤を元に戻し、歪みを正すためには、良質のタンパク質をきちんと摂ることも必要です。動物性と植物性のタンパク質をそれぞれバランスよく、できれば肉よりは魚や大豆製品から摂ることが望ましいとされています。
また、丈夫な骨盤を作るため、カルシウムもしっかり摂りましょう。
産後のママは、とくに母乳を与えている場合、普段よりも多目のカルシウム摂取が必要です。赤ちゃんには、母乳を通して1日約220mgのカルシウムが与えられるため、母体は普段よりも500mg多い、1日1100mgものカルシウムを必要としているのです。
乳製品や小魚、青菜などをしっかりと食べ、骨盤を丈夫に、健康に保ちましょう。

産後ダイエットで大事な点は、とくに母乳育児の場合、ママの栄養はそのまま赤ちゃんの栄養になる、ということです。また、たとえミルクを飲ませている場合でも、子育てのストレスからママの心身を守るため、規則正しい食事は絶対に必要なのです。
骨盤の歪みを正し、丈夫ですっきりとした身体をキープするため、産後ダイエット中も必要な栄養素はしっかりと摂ってくださいね。

産後ダイエット!正しい姿勢で骨盤矯正【骨盤の歪みを正して産後ダイエット!骨盤矯正で産後ダイエット】

産後ダイエット成功の鍵を握るといわれている骨盤矯正ですが、
骨盤の歪みを正し、産後ダイエットをさらに効果的にするために、良い姿勢を保持することは大きな意味があります。
正しい姿勢を取ることが、筋肉や骨盤にとって一番自然で楽な状態だからです。
背筋をすっと伸ばすだけで、背中やお腹の筋肉を使い、自然とダイエットしやすい身体に近づきますが、姿勢が悪ければ、背中やお腹の筋肉は使われず、逆に身体にとっては負担になるのです。

それでは、赤ちゃんのお世話をする際に取るべき正しい姿勢とは、どんな状態を指すのでしょうか。

1.授乳中は、横座りや前かがみの姿勢を避けましょう。背中を壁にぴったりとつけ、骨盤を床に対して垂直に置きます。膝の上にはクッションなどを置いて赤ちゃんの背を乗せるように抱くと、背筋も伸びて授乳しやすくなります。

2.オムツを替えるときにも、前かがみは禁物です。正座かあぐら、または両足を開き、骨盤を床に垂直に保って座ります。背筋はまっすぐに伸ばしたまま、上体を前に倒しておむつを替えましょう。

3.赤ちゃんを抱いて立ち上がるとき、前かがみの姿勢を取ると腰や膝に大きな負担がかかります。背中をまっすぐにしたまま、赤ちゃんを抱き上げて、背中と骨盤は床に垂直にし、腹筋と太ももの筋肉で立ち上がるようにします。

私たちにとっての良い姿勢とは、立ったまま深呼吸をし、胸いっぱいに空気を吸い込んだまま、肩の力を抜いてすとんと落としたときの姿勢だといわれています。
良い姿勢でいると、下っ腹やヒップは自然に縮まろうとします。

産後ダイエットを飛躍的に成功させる秘訣は骨盤矯正。
正しい姿勢を意識し、つねに良い姿勢を保つことを心がけて、
歪んだ骨盤にサヨナラし、産後ダイエットの「勝ち組」を目指しましょう。

産後ダイエットに効果的な骨盤体操(2)【骨盤の歪みを正して産後ダイエット!骨盤矯正で産後ダイエット】

産後ダイエットを成功させる奥の手、骨盤矯正をスムーズに行うためのストレッチを、以下に紹介していきます。

まず、骨盤体操を始める前に、骨盤を支えるため骨盤矯正ベルトなどで腰を固定するか、ホームセンターなどで手に入るゴムチューブを用意します。
27インチの自転車に使うゴムチューブをカットし、輪を切り開いて平らな形にしてください。
1.ゴムチューブの中央を、両太ももの骨の付け根にある丸い出っ張りの部分(大転子と呼びます)にあてます。
2.両端を後ろに回してお尻で交差させ、斜め上に引っ張りながら、再びお腹側に巻きます。
3.ゴムチューブを、骨盤の一番突き出た部分に当てながら、前で交差させ、緩まないようにしっかり結びます。

ここまで用意ができたら、いよいよ骨盤ストレッチ。
一日三分もあれば実行できるので、気軽に取り組めますね。

1.骨盤を左右に回します。
足を肩幅に開き、両手を腰に当てて、腰を大きく右に回します。上体はまっすぐ起こし、顔と足のつま先はしっかり前を向いたままで。
次に、腰を左側に大きく回転させます。1日に左右10回ワンセット行います。

2.上半身を前後に倒します。
足を肩幅に開いて立ち、上体をゆっくり前に倒しましょう。体が硬くてあまり倒れないときは、軽くはずみをつけて倒します。
両腕は指先までまっすぐに伸ばします。
次に、身体を起こして腰に手を当て、後ろにゆっくりと反り返ります。
前屈+後屈で一回と数え、1日10回行います。

3.骨盤を左右に押し込む
足を肩幅に開いて立ち、太もも脇の付け根部分に右手を当てて、腰を大きく左方向へ押します。左手でバランスをとりながら、骨盤を押し込むようなイメージで行います。同じように、反対側の太もも脇の付け根部分に当てた左手で、ぎゅっと腰を押し込むように腰を右側へ押し出します。これを、左右交互に10回行いましょう。

たったこれだけで、骨盤の歪みを矯正し、産後ダイエットにも十分な効果が得られます。
セレブママも実行しているというこのストレッチ、産後ダイエット骨盤矯正に頑張るママなら要チェックですね。

産後ダイエットに効果的な骨盤体操(1)【骨盤の歪みを正して産後ダイエット!骨盤矯正で産後ダイエット】

産後ダイエットは、食事に気をつけ、運動や家事でこまめに身体を動かすこと、そして骨盤矯正が大きなポイントです。
ここでは、骨盤の歪みを治し、骨盤の開きをよくするためのエクササイズをご紹介します。


1.骨盤矯正ベルト、ニッパーなどをつけて歩き回る。外に出てウォーキングできなくとも、家の中を歩き回るだけで効果があります。

2.四つんばいで部屋の中を10周します。

3.仰向けに寝て片方の足先を伸ばし、反対の足は逆に反らせて(かかとを突き出す)そのまま5秒数えます。反対も同様に。これを5回繰り返します。
次は、足を反らせたまま逆ハの字に開いて、5秒間数えます。これも5回繰り返します。朝目覚めたときなど、布団の中で行うとよいでしょう。

4.椅子に腰掛け、膝を90度に保ったまま、足を床から3cmほど浮かせ、15秒数えます。これを数回続けます。パソコンなどでデスクに向かう際、気軽に取り組める運動です。腹筋、腰周りの筋肉を鍛えることで、広がった骨盤を元の位置に戻す効果、また下半身をシェイプアップするダイエット効果が期待できます。

5.お尻歩き。足を前に投げ出して座り、お尻を床からあまり浮かせないようにして腕を振りながら前後に進みます。

6.歩くときは、1直線上を歩くように意識してみましょう。普段あまり使わない、足の内側の筋肉が使われることで、足が内側に矯正されて、骨盤の開きを改善する効果があります。また、炊事などの立ち仕事の際も、足の裏の内側に重心をかけて立つようにします。

腹筋と下半身を引き締めることで開いた骨盤が徐々に閉じていき、また産後ダイエットにも大きな効果を発揮します。
毎日少しずつ、努力を重ねてみましょう。
頑張った先には、骨盤矯正と産後ダイエットに成功して、自信いっぱいに輝くママの姿がきっとありますよ。

骨盤の歪みを正して産後ダイエット!(2)便利な骨盤矯正グッズ【骨盤の歪みを正して産後ダイエット!骨盤矯正で産後ダイエット】

産後ダイエットにとって大切な骨盤矯正には、正しい姿勢を保持し、歪んだ骨盤を元通りに修復していく役目を果たす、便利なアイテムも多く市販されています。

骨盤矯正ベルトは、骨盤の歪みから来る腰痛を和らげるためのベルトです。
骨盤の形状に合わせ、よくフィットするように作られています。
腰痛・ぎっくり腰を患う方、産後ダイエットに取り組みたい方、長時間同じ姿勢でお仕事をされる方、重いものを持つお仕事をされている方、運転や立ち仕事を多くこなす方などには、とくにおすすめです。
通気性のよい布素材やゴム製のものなど、さまざまな材質のものがありますので、
症状や用途などに合わせ、お好みでチョイスするとよいでしょう。

骨盤矯正ガードルは、骨盤矯正の機能を持たせつつ、下着のように穿くことができるガードルです。ボディラインに響かないため、ちょっと改まったお出かけのときや、骨盤矯正ベルトがずり上がってしまう……といった場合に利用すると便利です。
骨盤の歪みを補正するほか、下腹部を引き締める効果もあるものや、クロッチ部分にスナップをつけて着脱しやすくしてあるものなど、骨盤矯正ガードルにもさまざまなタイプがありますので、こちらもお好みでお選びください。

産後ダイエットを成功に導く決め手は骨盤矯正です。
骨盤の歪みを正し、きれいなママでいられるように、さまざまに工夫されたグッズ。これは、試す価値がありそうですね。

骨盤の歪みを正して産後ダイエット!(1)整体・接骨院での施術のすすめ【骨盤の歪みを正して産後ダイエット!骨盤矯正で産後ダイエット】

産後ダイエットにおいては、骨盤の歪みを正し矯正することが非常に重要です。
では、具体的にはどのようにして、骨盤矯正を行えばよいのでしょうか。

骨盤矯正のやり方には、主に3つの方法があります。

(1)整体・接骨院に通う
(2)骨盤矯正ベルト・ガードルを使う
(3)骨盤体操などのストレッチを行う

中でももっともおすすめなのは、骨盤だけでなく身体全体の歪みを治す整体の施術を受けることです。
以下のいずれかに該当する方には、とくに整体での骨盤矯正がおすすめです。

■3500g以上の赤ちゃんを産んだ
■35歳以上で初出産した
■経産婦で、前回と比べ今回の妊娠中に尿漏れしやすかった

整体で骨盤矯正をしたのち、自宅で骨盤体操などのトレーニングをすることで、
産後ダイエットも骨盤の修正も完璧に行えることでしょう。

とはいえ、生まれたばかりの赤ちゃんがいれば、外出にも不自由するから……という方もおられるでしょう。
しかし、整体・接骨院の中には、赤ちゃんを傍らに置いて施術を受けられるところもありますし、普段なかなか子育てに関われない……というパパに、ここぞとばかりに協力をお願いするという手もあります。
赤ちゃんを育てている最中のママは、どうしても自宅にこもりがちになりますので、こうした施設に通うことそのものが、ストレスの軽減に繋がるかもしれません。

骨盤の歪みを正し、産後ダイエットを成功に導くため、
ぜひともプロの手を借りていただきたいものです。

産後ダイエットの秘密は骨盤矯正!(2)【骨盤の歪みを正して産後ダイエット!骨盤矯正で産後ダイエット】

産後ダイエットにおいては、食事・運動と並んで、骨盤矯正が大事だと考えられています。

ママの胎内で赤ちゃんが成長するとき、ママの骨盤も開いたり、歪んだりと形を変えていきます。
出産予定日が近づくと、赤ちゃんは横向きになり、骨盤の中へ入ってきます。
こうして、ママの骨盤は、赤ちゃんが生まれるまでさまざまに動き、変化を重ねるうちに、だんだんに緩み、産後は大きく開いてしまいます。
このとき、お尻の骨も歪むため、骨盤全体が広がってしまい、産後骨盤は緩みきった状態になります。

産後骨盤の歪みを放置しておくと、
体質的に太りやすくなる、ストレスがたまりやすくなる、腰痛などの症状が現れ育児が負担になる、将来的に尿漏れ、尿失禁の恐れがある……など、さまざまな悪影響が現れてきます。
また、骨盤が広がることで下半身の血行が悪くなり、むくみや冷えの原因となることも。
ですから、産後の検診で、普段どおりの生活に戻る許可が出たら、すぐにでも骨盤矯正と産後ダイエットに取り掛かったほうがよいのです。

骨盤矯正は、ママにとってばかりではなく、次に生まれてくる赤ちゃんにとっても大切な調整の機会となります。

骨盤矯正は、「治せるなら治そう」ではなく、治さないでいると後々悪影響が出てくる恐れがあるため、ぜひとも意識して取り組みたいものです。
そして、産後ダイエットを見事成功させ、出産前のすっきりボディを取り戻しましょう。

産後ダイエットの秘密は骨盤矯正!(1)【骨盤の歪みを正して産後ダイエット!骨盤矯正で産後ダイエット】

最近、産後ダイエットにママたちの関心が集まっていますね。
出産直後はさておき、「産後の肥立ちを良くする」などといつまでも高カロリー食品を摂り続けていれば、あっという間に産後太り、はては今問題になっているメタボリックシンドロームなど、健康にも深刻な影響が出てきかねません。
そこで、産後6ヶ月までに、出産前のスッキリボディに!と、
産後ダイエットに取り組むママが増えています。

産後ダイエットに取り組む上で、食事に気を配り、運動や家事などで身体をこまめに動かすことに努めるのはもちろん大事なこと。しかし、もう一つ重要なポイントがあります。
それは、骨盤の歪みを正し、元の状態に近づけていくことです。

ママのお腹で成長する赤ちゃんが、大きくなるにしたがって、
骨盤は開いたり、歪んだりしてきます。
出産予定日が近づくと、赤ちゃんは横を向いて骨盤の中に入ってくる形をとります。ママの骨盤は、そのための前準備として、赤ちゃんが出てきやすいように形を変えていきます。
そうするうちに骨盤は歪んで開き、骨盤全体が広がってしまうのです。

産後骨盤は、緩みきった状態になっているため、
放っておくと骨盤に脂肪がついて、産後太りを招きます。

しかし、だからといってあきらめることはありません。
正しい方法で産後ダイエットに取り組み、骨盤の歪みを正すことで、
出産前のスッキリボディを取り戻すことは可能です。

考えてみれば、赤ちゃんを育てること自体、身体にも心にもかなりのエネルギーを必要としますよね。
赤ちゃんのために心身をフル稼働させている時期だからこそ、
産後は他の時期より、ダイエットに取り組みやすいともいえそうです。
出産前のスリムなボディ目指して、骨盤の歪みを正す産後ダイエットを始めてみませんか。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。